医療脱毛とエステ脱毛の違い・これでもあなたは脱毛サロンですか?

医療脱毛とエステ脱毛にはあまり違いはないと思っていませんか?

もし医療脱毛は料金が高くて痛みが強いといったくらいで、どっちで脱毛しても同じくらい毛が無くなると思っている、、、としたら

エステ脱毛を選んだ後で後悔するかもしれませんよ!

痛いのが嫌なら、蓄熱式医療脱毛にするとエステの脱毛よりも早く楽にムダ毛が減っていきます。

あんなに高額で痛かった10年以上前と比べると2020年の今の医療レーザー脱毛は格段に安く痛みが少なくなっています。

来年、きっとエステで脱毛しなくて良かったと思うはず。。。

アリシアクリニックフレイアクリニック

医療脱毛とエステ脱毛の違い

医療脱毛は脱毛効果と施術回数が違う

医療脱毛(レーザー脱毛)は、エステサロンで脱毛するよりも早く効果が現れるので、通う回数が少なく脱毛が短期間で終わります。

もちろん脱毛効果の現れ方には個人差があったり、また身体のどの部分を脱毛するのか、効果が出やすい部位と施術回数が多く必要な部位でも違いがあります。

また使用する医療用のレーザー脱毛機の機種や出力レベル、施術するスタッフの技術によっても脱毛効果の現れ方が異なります。

基本的には医療脱毛・レーザー脱毛は不再生脱毛と言って、いわゆる永久脱毛ができるので、一度処理をした毛根からは新しい毛が生えてくることがありません

一方のエステの脱毛は、一般的には脱毛と言われていますが、ムダ毛を抑毛や減毛するだけの美容脱毛です。

エステサロンのお店によって「IPL脱毛」とか「フラッシュ脱毛」とか呼び方が異なりますが基本的には同じ「光脱毛」です。

最近は痛みが少ない蓄熱式のSHR脱毛を行っている脱毛サロン(ストラッシュなど)もあります。

エステの脱毛は医療脱毛と比べて照射する光の出力を抑えながら

  1. 毛根にある程度のダメージを与えて抑毛・減毛していく脱毛法
  2. ジェルに含まれる発毛を抑える成分を利用して抑毛・減毛していく脱毛法

の2つのタイプがあります。

しかしエステ脱毛は抑毛・減毛効果しかないため、通うのを止めてしばらくするとまた新しい毛が生えてくるといったデメリットもあります。

その代わりに施術時の痛みは医療脱毛よりも少ないのがメリットです。

 

医療脱毛(レーザー脱毛)は認可を受けたレーザー機器で確実に発毛因子を破壊して、エステサロンの出力が低い光脱毛よりも短期間に少ない施術回数で脱毛が終わるのでトータルの費用が安く済むメリットがあります。

もちろん医療レーザーで発毛因子を破壊しても元々の毛量やホルモンの影響で新たな毛包が出来て毛が生えてくる場合もあります。

また1回当たりの脱毛に掛かる費用は医療脱毛の方が高いと言われますが、新宿、渋谷、池袋、横浜といった東京や神奈川だけでなく、主要な地方都市では手頃な料金で医療脱毛ができる脱毛クリニックや皮膚科が次々と開院しています。

そして医療脱毛クリニックを選ぶ時には、料金総額と施術回数とレーザー機器の3つをチェックするポイントにしてください。

脱毛効果の比較

 

医療脱毛とエステ脱毛の効果の現れ方

医療脱毛・レーザー脱毛とエステサロンの脱毛を比べた一例を紹介します。
毛量と毛質がほとんど同じような姉妹の方がたまたま分かれて脱毛に通い始めたそうです。

お姉さんは医療脱毛で、肩から指先までの両腕と、脚の付け根から指先まで、背中上半分、両ワキそしてVラインを6回の施術で約22万円。

クリニックではカウンセリングや相談は医師や専門スタッフが対応、希望しない脱毛を勧めたりとかの営業トークは全くありません。

さすがに従来のショット式レーザー脱毛はVラインなど肌がデリケートな部分は最初は歯をくいしばるくらい痛かったけれど、6回目の脱毛が終わると腕は剃らなくても問題ないほどの産毛程度に。

脚は月に2度ほど剃るけど薄くなって本数もまばらに。両ワキはよく見ると毛が数本あるくらいに減って、色素沈着がなくなってきれいに。

背中はよく見えないけれど、Vラインは小さいお洒落な下着でも毛がはみ出ないくらいになって 両ワキの次に脱毛効果が出ました。

一方、妹さんはエステの脱毛に通い、顔以外の全身脱毛6回の施術で約23万円。最初から全身脱毛だったので営業トークや勧誘はほとんどありませんでした。

出力が弱いので照射のときの痛みはほとんどなくて、デリケートな両脇とVラインだけすこし痛い程度。6回の脱毛が終わると腕は剃る回数は減ったけどまだまだ毛が生えてきます。

脚はひざ下は2/3くらいの毛量になったけれど太ももは前と変わらず。両ワキは毛が少し減って、Vラインは効果はあったけどまだボウボウといった具合です。

もちろん個人差は出ますが、医療脱毛とエステサロンの脱毛では、医療脱毛の方が脱毛効果を実感しやすく、満足できるレベルに達するまでの期間が短いので、その分脱毛に通う回数も少なくて済みます。

もしエステサロンの脱毛を選ぶなら、脇やVラインの脱毛が回数制限なしで通える様なお得で安いプランでないと総費用は高くなってしまいます。

また、部分脱毛なのか全身脱毛なのかでも選んだ方が良い医療脱毛クリニックや脱毛サロンは違ってきます。

医療脱毛とエステ脱毛の違いと医療脱毛クリニック選びのポイント
美容クリニックや皮膚科で行う医療脱毛とエステサロンの脱毛の違いを比較解説。エステの脱毛は抑毛・減毛が目的で、その効果を実感するには長期間に多くの施術回数が必要。蓄熱式脱毛の医療脱毛はレーザー照射時の痛みが少なく、短期間に少ない施術回数で脱毛が終わります。

 

医療脱毛とエステ脱毛の違いのまとめ

エステの脱毛は脱毛できない脱毛と認識されるようになってきました。

脱毛サロンに通い続けている間は、毛が薄くなって満足する人もたくさんいます。しかしそのムダ毛の無い肌の状態をずっと維持する事はできません。

その理由は、エステの光脱毛では毛根や発毛因子を破壊出来たいためです。

エステ脱毛は抑毛・減毛効果しかない

これから脱毛を始める人はもちろん、今エステの脱毛に通っていて効果を感じられない人は医療脱毛へ乗り換えがおすすめ。

エステ脱毛に何十万も出すなら、医療脱毛クリニックがオススメ。

「脱毛に時間を掛けたくない!」「何年も通いたくない!」ならやっぱり医療脱毛。エステの脱毛は一時的にしか効果がありません。