医療レーザー3種類と脱毛機器のショット式と蓄熱式と痛みを比較

医療脱毛はレーザー脱毛機の機種によって特徴や効果が違うって知っていますか?

医療脱毛といってもクリニックによって使用する脱毛機器はどこも同じ機種を使用している訳ではありませんよね。

レーザーの種類や機種の特徴で脱毛効果も変わってしまいます。

脱毛に使用する医療レーザーには主に

  • ダイオードレーザー
  • アレキサンドライトレーザー
  • ヤグレーザー

の3種類があります。

また

  • 機器の仕様でレーザーの照射には単発照射連続照射の2つのタイプ
  • 脱毛方式の違いにはHR方式SHR方式の2つのタイプ

があります。

高出力の熱で毛根にダメージを与えるのがHR方式(ショット式)

低出力の柔い熱でジワジワと毛包全体と発毛因子のバルジ領域にダメージを与えるのがSHR方式(蓄熱式)

それぞれの特徴が少し分かってくると、自分に合った医療脱毛クリニックを選ぶ時に役立ちますよ。

 

医療脱毛おすすめ脱毛機

3種類のレーザーと主な医療レーザー脱毛機

主な医療用レーザー脱毛機の特徴を比較

レーザー脱毛機

画像は左からジェントルレーズプロ・ライトシェアデュエット・メディオスターNeXT PRO・ソプラノアイスプラチナムです。

医療脱毛で使用されるレーザーは主にダイオードレーザーアレキサンドライトレーザーヤグレーザーの3種類です。

アレキサンドライトレーザーの波長は755nmで、3種類のレーザーの中では波長が短く、肌表面に近い部分のメラニン色素に反応して強い痛みを伴います。

ダイオードレーザーの波長は800~940nmで、様々な毛質や肌質に対応できて照射時の痛みはアレキサンドライトレーザーよりも少ないです。

ヤグレーザーの波長は1064nmと長いため、肌へのダメージが少なくて皮膚の深い部分のメラニン色素を狙います。3種類のレーザーの中では痛みを強く感じます。

※nm はナノメートル、1ナノメートルは100万分の1ミリ

波長照射脱毛方式痛み
ライトシェアデュエット800nm単発照射HR方式弱い
メディオスターネクストプロ808nm + 940nm連続照射SHR方式弱い
ジェントルレーズプロ755nm連続照射HR方式普通
ジェントルマックスプロ755nm・1064nm 切替連続照射HR方式強い
クラリティツイン755nm・1064nm 切替単発照射HR方式普通
ソプラノアイスプラチナム755nm+810nm+1064nm 同時連続照射SHR方式弱い

ライトシェアデュエットの800nmとメディオスターNeXT PROの808nmと940nmはダイオードレーザー
755nmはアレキサンドライトレーザー
1064nmはヤグレーザー
ソプラノアイスプラチナムはアレキサンドライトレーザー+ダイオードレーザー+ヤグレーザーの3波長同時照射が可能です。

 

ダイオードレーザーの脱毛

ダイオードレーザーは近赤外線レーザーで機器により異なりますが800~940nmの波長があり、皮下組織にある毛にまでダメージを与えることができます。

VIOやワキなどの濃い毛から、他の医療レーザーでは難しいと言われている顔や指、背中などの産毛にも対応できます。

同じダイオードレーザーでも脱毛方式には2種類あります

  • 高出力のレーザーを集中させて毛根にダメージを与えるHR方式(ショット式)
  • 低出力のレーザーを連続照射してジワジワと毛包全体と発毛因子のバルジ領域にダメージを与えるSHR方式(蓄熱式)

の2つの方式があります。

医療脱毛を専門とするクリニックなどで数多く導入されているダイオードレーザー脱毛機は、ショット式ではライトシェアデュエット、蓄熱式ではメディオスターNeXT PROを使用するクリニックが多いです。

 

アレキサンドライトレーザーの脱毛

アレキサンドライトレーザーの脱毛はメラニン色素を多く含んでいる毛に光エネルギーを吸収させて熱に変換、その熱が毛の周囲の毛包や毛乳頭部に拡散していくことで毛の組織を破壊します。

レーザーの照射と同時に肌表面に冷剤を吹き付けて痛みを和らげますが、ダイオードレーザーよりも強い痛みを感じます。

アレキサンドライトレーザーのジェントルレーズは日本国内で最も早く厚生労働省から認可された医療用レーザー治療器です。

シミ・ソバカスの治療にも使用され、数多くの皮膚科・形成外科で使用されています。

また医療脱毛を専門とするクリニックでは、最新型のジェントルレーズプロを使用するクリニックが増えています。

ジェントルレーズではパルス幅(照射時間)が3msと一定ですが、ジェントルレーズプロはパルス幅が0.25~100msと可変なので、肌質・毛質に合わせた照射ができます。

またスポットサイズも最大24mmまでと広くなって、施術時間を短くすることが出来ます。

 

ヤグレーザー(YAGレーザー)の脱毛

ヤグレーザーの波長は1064nmと3種類のレーザーの中では最も長く、深い皮下組織にまでレーザーが行き届きます

だからVIOのデリケートゾーンや脇の濃くて太い毛にダメージを与えることができます。

アレキサンドライトレーザーと同様にメラニン色素に反応させて毛の組織を破壊していきます。

産毛や日焼け肌、色素沈着している肌でも施術できるのが特徴ですが、特に太くて濃い毛を狙って照射する場合には強い痛みがあります。

ヤグレーザーは硬毛化のリスクが一番低いレーザーです。

しかし、痛みが強いためダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーで処理しきれなかった部位の脱毛に使用される場合が多いようです。

ヤグレーザー単独の機器よりもジェントルマックスプロクラリティツインのようにアレキサンドライトレーザーとヤグレーザーを切り替えて照射するタイプの機器が多いです。

またソプラノアイスプラチナムのように3種類のレーザーを同時照射する機器を使用する医療脱毛クリニックも増えています。

 

使用する医療レーザー脱毛機とクリニック

ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーなど数種類の脱毛機を導入しているクリニックでも、医師の診断により使用する脱毛機を設定します。

一部のクリニック以外は患者側から使用する脱毛機を指定できません。

ライトシェアデュエット(ダイオードレーザー)

ライトシェアデュエットライトシェア・デュエットは大小2種類のハンドピースを搭載している脱毛機。

大口径のハンドピースの照射面積は従来のライトシェア機の約10倍。皮膚を吸い上げながら伸ばし広げて照射するので、照射時の出力レベルを下げてもレーザーが毛のメラニンだけを確実に捉えて破壊します。

口径が小さいハンドピースは顔や指、IラインとOラインなど細かい部位の照射に使用します。

アリシアクリニック、リゼクリニック、トイトイトイクリニック、ドクター松井クリニック、ビューティースキンクリニック、クレアクリニックなど

メディオスターNeXT PRO(ダイオードレーザー2波長)

メディオスターネクストプロメディオスターNeXT PROは発毛を促す幹細胞のバルジを破壊する蓄熱式のダイオードレーザー脱毛機。

ジェルを塗った肌の上を照射ヘッドをぐるぐる回しながら2種類の波長のレーザーを連続照射。毛周期に関係なく1か月間隔でも照射できるため短期間で全身まるごとツルツルの肌にできます。

照射面と冷却面が一緒でほとんど痛みが無いのでVIO脱毛やデリケートな肌に適してます。

フレイアクリニック、リゼクリニック、レヴィーガクリニック、KMクリニック、クレアクリニック、ビューティースキンクリニック、アイエスクリニック、中央クリニックなど

ジェントルレーズプロ(アレキサンドライトレーザー)

ジェントルレーズプロジェントルレーズプロはメラニン色素に吸収されやすいレーザー光を熱に換えて毛の組織を破壊する脱毛機。

レーザーの照射時間を決めるパルス幅を調節できる機能を搭載し、肌質や毛質に合わせた設定で安全な施術が出来ます。

レーザー照射直前に冷却剤を吹きつけて皮膚を保護しながら、大口径スポットとハイスピード照射で広範囲の脱毛も施術時間が短く済みます。

レジーナクリニック、表参道スキンクリニック、アリシアクリニックなど

ジェントルレーズ(アレキサンドライトレーザー)

ジェントルレーズジェントルレーズは1秒間に2発の連続照射、レーザーを照射する直前に冷却ガスを吹き付けて皮膚表面温度を5℃に冷やすことで痛みを抑えてくれます。

施術前にジェルを塗る必要がありません。連続照射ができてヘッドの3種類の照射口を取り換えながら広い部位から細かな部位まで短時間で施術。ダイオードレーザーよりもレーザー照射時に強い痛みがあります。

渋谷美容外科クリニック、湘南美容クリニック、ジュエルクリニック、フェミークリニック、メディエススキンクリニックなど他多数のクリニックで導入

ソプラノアイスプラチナム(3波長同時照射)

ソプラノアイス・プラチナムソプラノアイス・プラチナムはジェルを塗った肌の上をピピッと高速で連続照射しながらヘッドをクルクル回して脱毛します。

メラニンだけでなく毛包も狙って広範囲を徐々に温めて破壊する蓄熱方式でスポット式のレーザー脱毛機のような痛みがありません。

一度に深さの異なる3つの波長を出力して、浅い毛から深い部分に生えている毛まで対応、冷却口と照射口が一体型で照射ムラがありません。

聖心美容クリニック、ビューティースキンクリニック、ジェニークリニックなど

 

予約が取りやすい医療脱毛クリニック

東京の医療脱毛クリニックランキング

フレイアクリニック

予約が取れる医療脱毛クリニックのランキング1位はフレイアクリニック。2019年3月に開院した新しい女性専用の脱毛クリニックです。
東京には新宿・銀座・表参道に3院、横浜に1院があります。蓄熱式ダイオードレーザー脱毛機の「メディオスターNeXT PRO」の1機種のみを使用して、痛みが少ない医療脱毛と予約保証制度が特徴。
全身脱毛5回コースが税別16万8千円、一度の通院で全身全部をまるごと施術できる点、年末年始を除き年中無休で平日は夜21時まで営業、最適な脱毛間隔で施術が出来るように予約がキチンと管理されている点、人目を気にしないで安心して施術できるよう完全個室の施術室がおすすめポイントです。

KMクリニック

医療脱毛予約の取りやすさランキングの第2位は、こちらも蓄熱式脱毛の「メディオスターNeXT PRO」を導入しているKMクリニックです。
新宿と銀座に2院があり、肌に優しくて痛みが少ないSHR方式の蓄熱式脱毛を都内でも早い時期から導入しています。
お得な料金設定と2回目以降の予約が取りやすいのはもちろん、Googleの口コミ評価が高かった点も評価できます。
月曜と木曜の休診日を避けて11時から19時までの診療時間内に都合よく通える方に限定される点や、脱毛コースの料金の他に初診料や再診料が別途必要となる点、消費税込みの料金ではないため支払い総額が分かりにくい点、全身脱毛は2回に分けて通院が必要な点が気になるポイントです。

レジーナクリニック

レジーナクリニックは2017年開院の女性脱毛専門のクリニックで、東京都内には銀座・渋谷・池袋・新宿などに7院があります。
全身脱毛セットの料金の安さと追加料金が一切必要ない点、施術は完全個室、休診日はなく診療時間が平日は21時までと週末を除けば予約が取りやすい点がおすすめポイントです。
使用するレーザー脱毛機は効果が高いアレキサンドライトレーザーの「ジェントルレーズプロ」を使用。蓄熱式脱毛機の「ソプラノアイスプラチナム」を用意している院もあります。
脱毛コースは5回コースのみ、特に顔とVIOを除いた全身脱毛セットが安いことから利用する人が急増、週末と夜間の時間帯を除けば予約は取りやすいです。